新刊(税込価格)

『みなみのかぜ 第二号』2017年、500円

ロシア語読本テキスト『リュドミーラ・ウリツカヤ短編集』(キャベツの奇跡/もごもご爺さん/蝋づくりの鴨)扇千恵、2016年、600円(限定500部)

『フラワーズ・カンフー』小津夜景 著、しおたまこ 装画 ふらんす堂 2016年初版 2160円

『The Confined Room, No.6』山本恭子 写真集・ハンドメイドブック 2016年発行  限定36部 カラー48ページ サイン・エディション入り 6000円

紹介ページ

『耳の生存』菊石朋 七月堂 2017年1月 648円

『KSK異文化の交差点 IMAJU vol.66』関西障害者定期刊行物協会 2016年12月 500円

『ラカン 患者との対話 症例ジェラール、エディプスを超えて』小林芳樹編訳 人文書院 2014年初版 2500円

 

新着/古本(税込価格)

『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』草思社、2006年、1200円

『朝鮮通信使をもてなした料理 饗応と食文化の交流』高正晴子、明石書店、2010年、1200円

『加西の異形石仏 江戸時代の歴史と文化』1000円

『表現の自由の法理』市川正人、日本評論社、2003年、4000円

『「表現の自由」を求めて アメリカにおける権利獲得の軌跡』奥平康弘、岩波書店、1999年、2000円

『捜査と人権』平野龍一、有斐閣、昭和56年、1500円

『日本の戦後補償』日本弁護士連合会編、明石書店、1994年、2500円

『たかちゃんとぼく』ほそええいこう、小学館、1997年初版、1500円

『祈りの大地』石川梵、岩波書店、2014年、1200円

『鴨居玲 死を見つめる男』長谷川智恵子、講談社、2015年、1000円

『田川覺三展』梅田近代美術館、1977年、1500円

『善人はなかなかいない』フラナリー・オコナー作品集、筑摩書房、1998年第3刷、1500円

『生きてるものはいないのか』前田司郎、白水社、2009年第2刷、1200円

『言葉の降る森』舟越桂、角川書店、1998年、1500円

『空席日誌』蜂飼耳、毎日新聞社、2013年、800円

『円空 微笑の旅路』三宅雅子、叢文社、2001年、800円

『初山滋 永遠のモダニスト』河出書房新社、2007年、1000円

『奴隷の思想を排す』江藤淳、文藝春秋、昭和33年、1000円

『琴はしずかに 八木重吉の妻として』吉野登美子、彌生書房、1976年、800円

『私の夢日記』横尾忠則、角川書店、昭和54年、800円(裸本)

『わが映画論』城戸四郎、松竹、昭和53年、1500円

『仙台の方言』土井八枝、国書刊行会、昭和50年、3000円

『仙台方言攷 音韻と語法』佐藤忠雄、渓聲出版、昭和56年、1500円 

『ロートレックによるロートレック』美術出版社、1965年、3000円

『川柳漫画 累卵の遊び』麻生路郎、不朽洞、昭和3年2版、2000円

『ゴシック美術形式論』ウイルヘルム・ヴォリンガー、岩崎美術社、1968年、900円

『文化の見えるまち 自治体の文化戦略』森啓、公人の友社、2009年、1200円

『文化行政とまちづくり』田村明、森啓、時事通信社、平成4年4刷、1000円

『地獄絵・福沢一郎の世界』国立国際美術館、1978年、3000円

『ジャパニーズ・ウーマン 林静一画集』サンリオ、1981年、1000円

『浅野孟府彫刻作品集』1986年、500部限定、2000円

『湯田寛作品集』1985年、600部限定、2000円(冊子「湯田寛を偲ぶ」付き)

『漱石作品論集成第7巻 門』桜楓社、1991年、2500円