アセンス針中野店古本常設棚(居留守文庫出品)

新刊書店のアセンス針中野店様にて約100冊の古本を出品しています。月に一度入れ替えを行っています。5月のお題は「改めて漱石」です(お題は居留守文庫が決めています)。

お題一覧

2017年

5月「改めて漱石」

4月「問い×数 2(といかけるかず)

3月「問い×数 1(といかけるかず)

2月「私のなかのアメリカ」

1月「演劇辞典」

2016年

12月「手わざさまざま」

11月「横断古代東アジア」

10月「縦断日本人論」(10月8日(土)~10月23日(日)第2回痕跡本展)

9月「事件を読む」

8月「大正時代パノラマ」

7月「FISH ON!」

6月「南洋探訪」

5月「ことばの話・本の話」

4月「舞台は大阪」

3月「芸能の友」

2月「暮らし再考」

1月「イエス・キリストへの旅」

2015年

12月「いのちとこころの相談室」

11月「旅と風景」

10月「痕跡本」(第1回痕跡本展)

9月「戦後70年」

8月「漱石」

7月「詩歌」

6月「日本の古典」

2014年

12月開設

痕跡本展

第2回痕跡本展(同時開催:第5回あせんす文庫)

2016年10月8日(土)~23日(日)

場所:アセンス針中野店

 

居留守文庫に流れ着いた多くの痕跡本の中から変なもの、珍しいもの、本が進化しているもの、徹底的に使い込まれたものなどをピックアップ。1点1点コメントをつけて展示します。使用されたら価値が下がるという固定観念がほぐれて、古本を買うとき・探すとき、読むとき・使うときの愉しみ方が少し広がるといいなと思っています。